便秘解消には水分が関係している|便秘のメカニズム

正しい作り方教えます

飲料

様々な良い効果があります

今やグリーンスムージーはダイエットの定番アイテムとなりました。野菜を切ってミキサーに入れるだけという手軽さと、有名芸能人が愛飲していることで、一躍人気になったのです。サラダや温野菜を摂取するのは簡単ではありませんが、グリーンスムージーなら誰でも気軽に栄養を補給できます。朝食をグリーンスムージーに変えることもできますし、時短にも繋がります。ダイエットだけではなく、血液をサラサラにする効果や美肌効果も望めるのです。頑固な便秘に悩んでいる人のお通じを良くする働きもありますので、まさにその効果は未知数といえるでしょう。では、グリーンスムージーに適した野菜とはどのようなものでしょうか。一般的に葉物野菜が最も適しているといわれています。

作るときの注意点とは

ホウレンソウや水菜、小松菜やセロリ、モロヘイヤやレタス、パクチーやパセリなどの香草も良いでしょう。トマトやキュウリなど、一度にたくさん食べることが難しい野菜を入れるのもおすすめです。においが気になる人は、リンゴやナシ、イチゴやオレンジなどの果物を入れると飲みやすくなります。注意したいのが、キャベツを入れないことです。キャベツは食物繊維が豊富で体に良い野菜ですが、体内にガスがたまるため、グリーンスムージーには入れないようにしましょう。豆類やカボチャ、ズッキーニなども同様です。栄養の吸収を妨げる牛乳やヨーグルト、豆乳などを入れるのも遠慮して下さい。野菜と果物だけで充分に美味しくなりますので、調味料も必要ありません。これらを守って正しいグリーンスムージーを作りましょう。